ウェールズ州 英国

ウェールズ州 英国のインフラ担当大臣にお会いした。 40台でまだ若く頭の良い方である。

イギリスには、数個の州が有ってウェールズもその一つ。 ロンドンに行った事があるが、都会で場所によっては、がらの悪い少しうさんくさいところが有り、 食事はローストビーフ以外あまりおいしくなく。 でもフライドポテトはおいしく、フィッシュディップもまあまあうまい。 雨多く曇天。 あまり英国の良い印象はなかった。 でもウェールズ州から来た20人程の人たちと話したが人が良い。 田舎のなんともいえない人の良さが滲み出ていてフレンドリーで有る。 昔住んでいたアメリカテネシーのモーリスタウンの人達もそうだったので重なるところが有る。 ウェールズに進出している外資系企業の半分以上が日系企業らしい。 日本人がウェールズを選ぶ理由がなんとなく分かる。 立食パーティーで乾杯の時も聞いたこと無い英語で????と言っていた。 普通英語で乾杯は、チアーズだが。 方言だそうだ。 大阪弁と東北弁が違うように英国も方便がきついらしい。

阪急デパートで英国フェアが開催されて居てそこにウェールズのチーズ、チョコ、リンゴジュース、スコッチ等が販売されているらしい。 パーティーでスコッチをいただいたが美味かった。 海の香りのするスコッチだった。

のんびりと家内とウェールズ旅行に行きたくなった。昔家族で行った時のように。

 

Autumn

急に寒くなった。 この夏はあんなに暑かったのに。

裸で居たのに服を着ないと寒い。 窓を閉めないと寒い。 靴下をはかないと冷たい。 シャワーで無くゆっくりと湯舟につかりたい。 四季が有るからソレゾレの季節の良さ悪さが分かる。 暑いけど夏がすき。 冬は寒い、暗い。 日没が早すぎる。 17時に売る暗くなりはじめると寂しくなる、心が重くなる。 20時でも明るいと得した気になる。

もう10月。 こないだ正月だったのに。 なにもしていない。 進歩も。 後退はした。 年、 体力。。。。

秋。 ぎんなん。 栗。 ぎんなんの落ちてる御堂筋。 昨日もうおちているのを見つけた。 臭くは無かった。 小ぶりだった。  栗おいしい。 甘い。 いくらでも食べれる。 むかしドイツで家族で栗拾いに行った。 落ちてきたイガが家内の頭に直撃して血が出ていた。 今でも思い出すと笑いそうになる。

昔の思い出。 秋か。。。

冬が来た!!

毎年温暖化なのか夏がますます暑くなって来る。

会社まで約20分歩くが、汗だくになってシャツとカッターシャツを毎回交換した。 両親は、85歳を超え夏は、大型エアコンの霧ヶ峰をフル稼働しないと命が危ない。 元気な者でも炎天下の外出は危ない。 ましてや年老おいた両親は外出しない。

そしてあれだけ暑かった夏が過ぎ、ついに冬が来た。 それでもかって私が知る子供の頃の冬はもっともっと寒かった。 氷がハリ、手、顔がかじかみ、ねずみ色の空で木枯らしが吹き抜け。。。。。  今外は、5-6度だがコートは着た事が無い。 向こうが透けて見えるような間物のスーツで十分。 10分も歩くと汗をかくので上着を脱いでカッターシャツ1枚で歩いている。 私が異常なのかもしれない。  ロシアに行ったときも数キロ歩いて暑くなり、カッターシャツ1枚で歩いた。 現地ロシア人は、着込んで歩いていた。

元上司が退職されて1年になる。 いい人だった。 いなくなって初めてつくづく分かる人の良さ。 あの人の事だからマイペースで今も元気だと思う。

ロシア出張に一緒に良く行った。 ロシアのエキスパート。 横断鉄道で極東からモスクワへ。 寒くなると思い出す。

 

ACTIVE MAN アクティブマン

沖縄の。。。。

思い出せない。  そうシーサー。  良い顔してる。 2匹居て。 右がくちあけてて幸せを呼び込み。  左は、口締めて怖い顔。 悪や泥棒をよせつけない。 知ってた? 僕のシーサーはレンガ色じゃない。 白。 めずらしい。 有名な陶芸家の作。

沖縄の糸満にアメリカの30フッターのヨットライセンス試験を取りに行った時に合格のご褒美に買った。  一週間かけて2月の荒れ狂う沖縄の海を航海。 久米島をまわって帰って来る。 糸満に着き次第筆記試験。 暗くなるし、寒いし。 先生は、自家製ヨットで世界一週した青木洋先生。 すごい人。 人間的に大きい! 元気かな。 まだ田尻校にスクール有るのかな。 おれが再びヨットに乗ること有るのかな。

30,40代の俺。  フルのトライアスロンに出たり。 スポーツでアクティブだった。 今でも燃える物に出会えばスポーツやるけど。 今50代。 走れと言われたら走るけど。 あまり興味無い。 やりたい事が無いわけでは無い。 やっている。 常におれは、やりたい事をみつけて真剣に取り組んでいる。  興味の無いことはやならい。

今でもアクティブですよ。 ぼく。  でもやっている事がスポーツで無いだけ。

あのいい人が なぜ なぜ?

ある芸人さんがタクシーに車をぶつけて逃げたニュースがあった。 怖くなって逃げたらしいが、昨今車を運転していて事故らない方が不思議なくらい。  事故が怖いなら運転しては駄目。  タクシーに乗るか、おかかえ運転手をもうなどしないと。

あんなに面白い漫才が出来るのに、M1でも優勝できるぐらい優秀なのにこんな基本がわかっていなかった。 逃げたらそれこそ罪になってTVに出れ無くなるのに。 事故したら誠意を持って対処しなければならない、やってしまったことは諦めて。  相棒もかわいそう。  しばらく二人で漫才できない。 まあこの事件をネタにして又早いうちに復活してほしい。

同じ名前の僕の親友が居る。  ぼくの結婚式では、彼の弟がビデオを撮ってくれて、本人は、スポーツマンでかっては、モトクロスの選手、 自転車が強くて上りも下りも体力、テクニック的にもすごい人物。 ぼくの整理が悪くて今連絡先不明で連絡出来ないけど又会いたい。 今でも四国かな? かって白馬のマウンテンバイクレースに二人で行った。 ぼくはボランティアの傍らにレースに出た。 本当にしんどかった。 僕の自転車は、フジ製。 チェーンが外れてリタイヤした。 しんどすぎてチェーンを入れてレースに戻る事ができなかった。 男子の後にスターとしたアメリカの女子選手に抜かれまくって邪魔だとののしられたのを覚えている。 山有り、滝有り、川は、自転車をかついで渡るすごいレース。  あのころ僕は、アイマンだったのにあのバイクレースは本当にキツかった。

ああ 腹が痛い!

暑かった夏からずいぶん寒くなった。 とくにここ2-3日。 体が冷えるとお腹が痛くなってトイレに行きたくなる。

風呂につかって体がぬくもった後、裸でこの文章を作っていられる。 太っているからかあまり寒さを感じない。 でも体が冷たくなっているので腹も冷えたのだろう。

今朝はかなり寒かったのでコートがいるかなと考えたけど、着ずに出た。 自転車をこいで、又駅まで歩くと、電車の中は暖房が効いていて汗がでてくる。 だからコートはいらない。 荷物になるので邪魔。 ぼくはの体は少し体を動かすだけで汗ばんでくる。

インド等に行くときは必ず正露丸を持参する。 親戚の克治のおっちゃんがかって出張時に正露丸を毎食後飲んでいたので食中毒にならなかったから。 その時他の人は食中になったらしい。  今でも腹痛を感じると飲む。 スーと痛みが消える。  本当に不思議。 良く効く。 正露丸は、ニオイのしないものも有るが、僕はあの臭い黒い玉がいい。 よく効くから。  そういえば小学生の頃、私はよく腹痛をおこしていた。 体を少し「く」の字にすると楽になると母におしえられた。 なぜあの頃はよく腹痛を起こし又あれほど痛かったのか? 悪い物を食べる事が多かったのか?  神経質だったのか? 大人になってからは、あんなにひどい腹痛にはならない。 なぜだろう?

 

グローバル化の行く先。。

トランプ氏、韓国の朴大統領、イタリアの選挙、プーチン大統領、北方四島返還、英国EU離脱、中国の南シナ海での埋め立て。。。

世界が大きく動いている、変化している。 私達は、自分の頭で考え、真の情報を工夫して入手するようにせねばならない。

各国の根底に有るのは国益。 国が滅びてはどうにもならない。 欧米から石油を止められ限界に陥って大東亜戦争を決断した昔の日本国の偉人達。 やらねばやられる。 決断していなかったら今頃日本国は無くなり、植民地にされロシア語か英語をしゃべっていたかもしれない。 昔の偉い人々が日本を守ってくれた。 年行かぬ10代の特攻隊員達が。 だから今度は、我々が大切にこの日本を守らねばならない。

平和な日本に住みすぎて最近の日本人は、あまり危機を感じていない。 人間は、ひどい目にあって、やられなければ分からない場合が多いが、やられてからでは遅い。 やられ損である。 早期に危機に気付いて対応、応戦、抑止せねばならない。 米国は、軍艦を倍以上に増やすらしい核兵器も。  南シナ海を埋め立てて自国だと言うようなおかしな国が実際あるのだから、そんなものから自国を守らねばならない。 日本、アメリカ、英国の海洋国が世界の海を守るのである。

最後は力。 武力の強さがものをいう。 知識、能力も大事だが、それだけでは抑止力は働かない。

どこの国も国民は皆いい人

僕は、ロシア、ヨーロッパ、アメリカ、東南アジア、インド、中東等を訪問し現地の人と接し、ビジネスをしてきたが、一般市民は、皆いい人が多い。

過去の歴史で悪の根源は、国の上に立つやつらだ。  アメリカもかって、日本が戦争を開始するように誘導した。 日本と戦争をする口実がほしかったから。 日本への石油を止めジワジワと首を閉めたので有る。  アジア人のくせに日ロ戦争でロシアに勝ち、アジアで力を強める日本が気にいらなかったから。 米国は、真珠湾攻撃の事も知っていた。 だから主要な軍艦はすでに待避させていた。 でもハワイに居る米国兵には、日本が攻めてくることを知らせなかった。 ルーズベルトは、策略の為に自国民を犠牲にした。  原爆実験の時も兵隊を置きテストした。 広島、長崎の原爆も人間がどうなるかテストした。 このようなえげつない決断と指示は、上に立つ者達がした。 その部下達が命令にしたがった。  間違った決断指示を出す上に立つ者とそれに従う部下達。

上に立つ者が正しい指示と決断をすれば物事はうまく行く。 その指示に従う部下達も英雄になる。 侍が少なくなった最近の世の中。  安倍総理のおかげで日本は、かなり立ち直っている。 前政権の時は、日本国がだめになりかけた。 会社も国も人である。

こくのあるコーヒー 

デニーズだったか2度焙煎コーヒーが苦みこくともに最高だった。 おかわりし放題。 ジョナサンは、ランチの時にドリンクを付けると飲み放題。  抹茶ラッテに感動した。  ホットでも、アイスを入れても美味しい。 抹茶が濃くて苦みが効いてておいしい。  でも少し甘すぎる。 4杯が限界。  エスプレッソもコーヒーもマシンで豆をその場で煎ってコーヒーを作ってくれるからうまい。

ブラックで最初味わう。  次にミルクを入れて味わう。  砂糖を少し入れて味わう。  全部完全には混ぜない。  もやっとしてままにしておく、 ミルクも砂糖も。  アイスコーヒーの場合は、ミルクと砂糖シロップをもやっと混ぜずにして味わう。 最後に完全に混ぜて飲む。

サンマルクが良い。  アイスコーヒーも美味い。 冬でも暑い時はこれにかぎる。 一杯目は、200円ぐらいで、二杯目は、100円。 三杯目は、50円と大変いい。  パソコンの電源も有るし。  田町にあるサンマルクがいいよ。  ぼくの隣に座っていた若いお兄さんがとても感じよかった。  お変わりに行っている間ぼくの上着をみててくれたり、wifiの接続を教えてくれたり。  17時になったら帰り支度をして隣の兄さんは、帰ろうとしていた。 「お先に!」と言ってくれた。 うれしかった。  「お疲れ様」とぼくは言った。  東京の大都会でも話しかけていると知り合いになれるよ。